よくあるご質問

よくあるご質問

Qをクリニックすると答えが表示されます。

凍結保存に関すること

Q凍結保存は何年間ですか?

A凍結している保存物の種類によって以下のとおり異なります。

  1. 受精卵及びTESE精子の凍結期間は3年間です。
    ※1年毎に更新手続きが必要となりますので、ご注意ください。
  2. 射出精子の凍結期間は1年間となります。
    ※特例を除き延長は出来かねますのでご了承ください。
  3. 病気理由や社会的理由による卵子・受精卵凍結に関しては、当院までお問い合わせください。

Q凍結胚・凍結精子・凍結卵子の保存期間更新を希望する場合はどうすれば良いですか?

A凍結している保存物は、患者様自ら更新手続きを行っていただいており、当院からの連絡は差し上げておりません。期限が切れる前までに凍結保存物に関する申込書のご提出とご入金が必要です。
直接ご来院頂かなくても、郵送での書類提出とお振込入金にてお手続きが出来ます。
※書類はダウンロードして使用することも可能です。(ダウンロードはこちらから)
凍結保存された際の書類(体外/顕微授精のまとめ)と一緒に手続き用紙をお渡ししております。凍結番号等ご不明な点は当院培養室までお問合わせください。(ガイダンス③を選択してください。)

Q廃棄を希望する時はどうすればいいですか?

A廃棄希望の場合でも手続きが必要です。凍結保存物に関する申込書の廃棄希望の欄に必要事項を記入し、ご署名ご捺印のうえ、当院までご郵送ください。

Q凍結期限に関する手続きはいつからできますか?

A手続き期間は、凍結期限2ヵ月前から凍結期限当日までとなります。申し込み後の変更は出来ませんので、ご注意ください。

Q凍結延長手続き後、1年間の凍結期間終了前(期限前)に廃棄したい場合、料金はどうなりますか?

A1年間の凍結保管料として料金をお支払い頂いておりますので、期限前に廃棄希望の手続きを行った場合でも、差額分の返金は致しかねます。次回の手続き期間内に廃棄の手続きを行ってください。

Q他院から凍結胚・凍結精子・凍結卵子の受け入れはしてもらえますか?

A確認事項がございますので、詳細は当院ホームページのお問合せフォームよりご連絡ください。(お問い合わせはこちらへ)

受診に関すること

Q初めての受診はいつ頃がよいですか?

A患者様のご都合の良い時で大丈夫です。その日にできることから始めていきます。

Q初診時は、必ず夫(パートナー)も一緒に受診したほうが良いですか?

A必ずしもご一緒に受診しなくても大丈夫ですが、もし、ご主人様の都合が宜しければ、是非一緒にいらしてください。

Q初診時は夫(パートナー)が一緒でなくても、彼の問診票と保険証は持参した方が良いですか?

A問診票はカルテを作成しますのでご主人様(パートナー)の分もご持参ください。保険証はご主人様(パートナー)の受診時にご提示願います。

Q持病があって他科に通院中です。不妊治療はできますか?

A他科通院中の方は、主治医から妊娠が可能な状態かどうかを明記した診断書をご持参ください。場合によっては、体調を整えてからの不妊治療になります。

Q治療中に飲んではいけない薬や、時期によって飲むことに注意が必要な薬はありますか?

A薬によって違います。かかりつけ医と、当院受診時に医師にご相談ください。

Qレントゲンや、(歯科治療などの)麻酔を受けると胎児に影響はありますか?

A一般的に歯科治療や胸部のレントゲンは問題ないと言われていますが、強い照射や下腹部への照射は影響を及ぼす可能性があります。レントゲンを撮る際や、麻酔を受ける際には妊娠の可能性がある旨を医師に伝えてください。

Q治療中にインフルエンザの予防接種をしても良いですか?

A はい、大丈夫です。厚生労働省からも問題ないといわれており、妊婦さんへの接種も推奨しております。インフルエンザの予防接種以外のワクチン接種については、避妊が必要な場合もありますので医師に相談してください。

Qスポーツジムやヨガ、マッサージに通ってもいいですか?

A 大丈夫です。運動することは不妊治療を受けている方にはプラスになります。

Q月経予定数日前から少し出血があります。どこを月経開始にすればいいですか?

Aしっかりと経血量が増えた日を月経1日目としてください。

Q検査結果や診療に関することを電話で聞くことはできますか?

A個人情報のため、お電話で検査結果等をお伝えすることはできませんのでご了承ください。

Q第2子希望の場合、どのタイミングで受診すれば良いですか?

A出産後、自然に月経が再開し、2~3回順調に来ていて、なおかつ、断乳がお済みになってから受診してください。

Qキッズルームの予約の取り方を教えてください。

A窓口又はお電話にて予約を承っております。予約するにあたり、いくつか確認事項がございますので、詳しくはホームページの「お子様連れの方へ」のキッズルームのご利用を希望される方へをご覧ください。ご自身でインターネットからお取りすることは出来ません。

会計・書類に関すること

Q保険証が手続き中で手元にない際のお会計はどのようになりますか?

A保険適応の診察の場合は、一旦10割でお会計を頂戴いたします。保険証ができましたら窓口へ保険証と10割でお支払いいただいた際の領収書をご提出ください。差額分を窓口にて返金させていただきます。

Q書類等は申込してからどれくらいで出来上がりますか?

A1~2週間程お時間を頂戴しておりますので、余裕を持ってお申し込みください。申し込みの手続きに関しては、窓口又は電話でお問合せください。

Q書類の受取方法は変更できますか?(来院から郵送、等)

A可能です。その場合、確認事項等がございますので窓口又はお電話でご連絡ください。

セミナーについて

Q他院で人工授精または体外受精をした事がありますが、セミナー(マザーリーフ・IVF)を受けないと初診に進めませんか?

A原則として、初診の前に当院で行っているマザーリーフセミナー・IVFセミナーを全患者様にご受講していただいております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

Q他院から転院し、IVFセミナーを受講して初診に進みました。その後人工授精をすることになったらマザーリーフセミナーを受けないといけませんか?

A改めてマザーリーフセミナーをご受講いただかなくても大丈夫です。人工授精の治療前には必ず説明がありますのでご安心ください。

クロミッドなどの排卵誘発剤使用中の方

Q月経開始後、いつまでに受診すればいいですか?

A月経開始後5日目までに受診してください。

Q内服時間は決まっていますか?

Aだいたい同じ時間に内服してください。例えば、朝に飲み始めた方は毎朝、夜に飲み始めた方は毎晩内服してください。

Q医師から指示された日に薬を飲み忘れてしまった場合はどうしたらよいですか?

A診療時間内に当院までご相談ください。また、飲み始めてから途中で飲み忘れてしまった場合は、気付いた時点ですぐにお飲みください。

ご主人のこと

Q人工授精を考えていますが、夫の出張が多く当日に採精できないかもしれません。

A精子は事前に凍結しておくことができます。その際、同意書が必要になります。凍結精子を融かして人工授精をすることが可能ですので、医師にご相談ください。

Q夫の仕事の都合で、泌尿器科外来を受診できません。受診しなくてもいいですか?

A当院では、原則としてご主人様に泌尿器科外来を受診して頂いております。毎週木曜日の午前と、第1土曜日の午後、第3土曜日の午前に診療しております。(学会・出張等で急遽変更する場合がありますのでご了承ください。)診療担当一覧はこちら