スタッフブログ

スタッフブログ

学術集会、略して「学会」では様々な発表があります。 学会は、新しい知見や技術を仕入れ、 自分たちの考え方や技術の確認、いやいやそれはちょっと違うんじゃない? なーんてことを考えながら見たり聞いたりしてお勉強をする場所です。 日本卵子学会では多くが受精卵や卵子の話題なのですが、 今回、ちょっと毛色の違うおもしろい発表があったのでご紹介。 皆さんは「揮発性有機化...続きを読む>>

+2

テーマ:

待合室には…

いよいよ夏の到来となりましたが、皆様いかがお過ごしですか。 今回は、院内に設置してあるアロマディフューザーをご紹介します。 当院では無印良品の物を導入しています。たくさんのアロマオイルがありますが、当院のラインナップは、 LIME (ライム) Lavender (ラヴェンダー) Mikan (温州みかん) peppermint (ペパーミント) Brisk (さわやか:レモン/...続きを読む>>

+1

6月にコロナ渦でもひっそりと学会が開催されました。 ひっそり、というのは、多くの学会が オンデマンド配信による開催になっているからです。 今年の日本卵子学会も、開催地(今回は北海道帯広でした)に行くのではなく、 各自ひっそりと病院の片隅でパソコンを使って いろんな発表を聞いているわけです。 (昨年はほぼすべての学会がオンライン開催となり、それについては過去記...続きを読む>>

+4

東北地方が“梅雨明け”しましたね!!☀ 皆さん、夏の予定はお決まりですか?🌴 さて! 夏本番の今、「梅」の持つパワーについてご紹介いたします! 皆さんは日頃、梅を食べる機会はどれくらいあるでしょうか? この季節になると、スーパーで大袋に入った青梅を見かけたり、 梅エキスが入った飲み物も多く見かけたりしますよね。 梅の代表的な成分といえば“クエン酸”...続きを読む>>

0

テーマ:

夏バテ対策

梅雨の雨が続き、暑かったり寒かったりと体温調整も難しい今日この頃です。皆様いかがお過ごしでしょうか? 今月の7/28(水)は土用の丑の日、丑の日はウナギを食べるイメージがあります。暑さも厳しくなって体力がなくなってくる時期に、疲労回復のビタミンといわれるビタミンB₁が豊富に含まれるウナギは、かなり昔から食べられてきたようです。ビタミンB₁はウナギのほか豚肉、レバー大豆食品などに含まれています。また...続きを読む>>

0

紫陽花の花の紫が、日ごとに深まる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?さて今年に入って2月、3月 5月と、宮城でも大きめの地震に見舞われたのは、皆様の記憶にも新しいことかと思います。2月3月の夜間に地震が起きた際は、発生後、職員が当院に駆け付け、 設備や施設に損害がないか、診療に支障がないか確認を行っております。また5月の診療時間内で起きた地震の際は、職員が被害の確認をするとともに、すぐ患者様...続きを読む>>

+4

眠くなる春がきたと思ったら、あっというまに湿気と戦う梅雨がきました。 毎朝できるだけ真っ直ぐにセットして家を出るのに、 湿気のおかげで出勤したときには広がってるわ、うねってるわで 悲しい気持ちになる今日この頃、皆様、いかがお過ごしでしょうか。 さて、当院では培養士も患者さんへの説明にどんどん出張っています。 (全国的にみると、実は珍しいそうです) そこで、患...続きを読む>>

+5

テーマ:

旬な魚

こんにちは✨  最近、お休みの度に天気が悪かったり、コロナの影響で遠出が出来なかったり色々とストレスが溜まりやすくなってませんか? 皆さんは、家でどんなことをして過ごしていますか? 運動したり、今までやれなかったことに挑戦したり色々あると思います。 そこで、一つのヒントとして… 「旬な魚」 鯵を紹介したいと思います。 鯵は🐡読み方の通り、「味がよい...続きを読む>>

+1

こんにちは、看護部です。 風薫るさわやかな季節になりましたね。皆様はゴールデンウィークをどのように過ごされましたか? 五月の連休を機に、張りつめていた糸が切れ体調を崩す方もおられるようです。 環境の変化や、生活の乱れなども関係し、ストレスや疲労なども体調不良の原因になります。 上手にストレスを解消し疲労をため込まないことが大切です。 ストレスの解消法といえば色々と知られていますが、イ...続きを読む>>

+1

テーマ:

新年度ですね。

コロナ渦ではありますが、春うららか、眠気を誘う陽気となってまいりました。 年度が変わり、医療技術部のブログ担当者も変わりました。 前任より大分年齢が上がりましたが、より一層にぎやかにお届けしたいと思います。 さて、4月です。(更新が遅れて5月です...) 当院培養室にも新しいメンバーが入ってきました! そこで、今回のテーマは「胚培養士になる人ってどんな人たち?...続きを読む>>

+3