スタッフブログ

スタッフブログ

テーマ:

新年度ですね。

コロナ渦ではありますが、春うららか、眠気を誘う陽気となってまいりました。 年度が変わり、医療技術部のブログ担当者も変わりました。 前任より大分年齢が上がりましたが、より一層にぎやかにお届けしたいと思います。 さて、4月です。(更新が遅れて5月です...) 当院培養室にも新しいメンバーが入ってきました! そこで、今回のテーマは「胚培養士になる人ってどんな人たち?...続きを読む>>

+1

♬♫花は・花は・花は咲く♪♪ 皆様こんにちは。新年度がスタートいたしました。 心新たにブログも新メンバーでお送りいたします。よろしくお願い致します。 私の通る道すがら、毎年見事な桜を咲かせる川沿いの場所があります。 大河原の一目千本桜にはかないませんが、毎年その桜が咲き、そして散るまでのわずかの時間をとても楽しみにしています。 今年は、新年度を待たずに咲き始め、数日で満開になってしま...続きを読む>>

+2

皆さん、こんにちは(^^)/管理栄養士の菊池です!  4月に入り、新生活をはじめられた方や、新しいことに挑戦してみよう!といった方も多いのではないのでしょうか? 当院でも4月から2ヶ月に1度、栄養に関する豆知識を皆様にお伝えする 『栄養ニュース』を発行いたします! 4・5月号は“知っているようで知らない!?糖質について”です。 自粛生活が続いている今、糖質過多になっていま...続きを読む>>

+2

みなさまこんにちは。事務部です。 少しずつ春の日差しを感じられるようになってきた今日この頃。本来なら卒業式や入学式、お花見などの楽しいイベントもある季節ですが、、宮城県及び仙台市では3月18日〜4月11日まで緊急事態宣言が発出されました。  そこで、改めて当院の感染症対策をお伝えいたします。・付き添いの方の来院不可(採卵、エンブリオチェックの方は除く)・スタッフ及び来院される方全員に来院前の検温・...続きを読む>>

0

テーマ:

本の紹介

皆さんこんにちは、看護部です。 まだまた寒い日が続いておりますが、3月に入ってから、太陽の光が以前より暖かく、力強いように感じます。 最近では、スーパーに行くと、ふきのとうや菜の花などの食材を見かけるようになり、春の気配を感じて嬉しくなります。 さて、今回は小山田明子著「妊活食事法 こうのとりごはん」という本について、ご紹介させていただきます。 著者自身、不妊治療を行っ...続きを読む>>

+2

こんにちは。医療技術部です。 先日、興奮してピエゾICSI(ピエゾ顕微授精)の記事を書きましたが、 そもそも顕微授精のことを記事にしていませんでした。反省。 改めて顕微授精って何?ということを記事にしてみようと思います。 顕微授精とは?と聞かれたら、 人工授精と体外受精の区別がつかない一般の方でも、 「あーなんか病院で?人工的に?こども作るやつでしょ」 ...続きを読む>>

+2

こんにちは事務部です。皆さんもニュース等でご存じとは思いますが、特定不妊治療支援制度の助成内容が、令和3年1月治療終了分から変更されました。内容は 所得制限の撤廃 助成金が15万円から30万円(現在7万5千円の治療分は10万円) 生涯通算助成回数が1子ごとに変更 事実婚も助成対象となりました。年齢制限は変わりありません。大半の方がこの助成に該当となると思いますので、一度ご確認ください。申請は年度毎...続きを読む>>

0

こんにちは、看護部MA(メディカルアシスタント)です。 今年は、雪が多く、寒い日が続きましたが、暖かな陽ざしに、春を感じる今日この頃です。 皆様、いかがお過ごしですか? 当院には、現在7名のMAが、ラベンダー色のウエアーに身を包み、活動しています。(*^_^*) 仕事の内容としては、器械類洗浄、滅菌作業、外来診察介助、処置の介助、プチレーザー施術、リネン交換、清掃等を担当しています。 皆...続きを読む>>

0

こんにちは。医療技術部です。 実は2019年から導入しているピエゾICSIですが、ついに機械が増えます。 これで全例ピエゾICSIができるようになります!待ってました!! 当院のICSIの正常受精率も上がるのでは?! マンモスうれぴぃぃぃ!!! 少し興奮して説明不足でした。 ICSIはご存知、顕微授精のことです。 これまでのICSIは細く鋭い針で ...続きを読む>>

+2

テーマ:

宅トレ

こんにちは(^^♪早いもので、年が明けてから約1ヶ月が経ちました。  昨年は、コロナの影響で旅行ができなかったり、離れて暮らす家族にも会えなかったり…と、我慢の1年となりましたね。私自身、もともとインドア派なのですが、以前は外にランニングをしに行っていました🏃そんな中コロナが流行し、世間が自粛生活となる中で次第に躊躇するようになり、ついには通勤以外に身体を動かす機会がなくなってし...続きを読む>>

+1