tel:022-791-8851 お問い合わせ 英語へ変換

延長保存について

延長に関するご案内

2022年3月31日までに受精卵の凍結保存を行った方で、42歳以下かつ1年以内に凍結融解胚移植を計画中の場合、凍結保存延長に保険が適用される場合がございます。

条 件

  • ご夫婦でご来院いただき、
    医師と診察のうえで凍結融解胚移植の治療計画を立てること
  • 胚移植の際に保険適用外の治療(ヘパリンの使用など)を予定していないこと

条件に当てはまる場合

1年間の保管期間が終了される該当月中に
「方針相談」でご予約のうえ
ご夫婦でのご来院をお願いいたします。

(例:2022年7月10日に期限を迎える方は、2022年7月中)

条件に該当しない場合は、これまで通り自費での延長(郵送と振込でのお手続き)をお願いいたします。

凍結延長に関してご不明な点がございましたら、下記のフォームよりお問い合わせください。恐れ入りますが、お電話でのお問い合わせはご遠慮くださいますようお願いいたします。

凍結延長に関するお問い合わせフォーム

  1. 必要情報を下部のフォームに入力して送信下さい。
  2. 受信確認の自動返信メールをお送りします。
  3. 内容を確認後、1週間程度で料金や日程などのご連絡をさせていただきます。

    お名前必須
    フリガナ
    診察券番号必須
    メールアドレス必須
    凍結物の種類必須
    受精卵卵子精子/精巣組織
    凍結No. ※不明の場合は未入力可
    お問い合わせ内容必須
    最終確認
    確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめ下さい。
    入力内容を確認しました

    • 携帯電話・PHSのキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)など、迷惑メール対策をされている場合は当院のドメイン(@sendai-art-cl.jp)から受信の許可の設定をお願いいたします。
    • 申し込みフォームから正常に送信された場合は以下のメッセージが表示されます。
      『自動でお問い合わせ受付メールを返信いたしました』
    • 自動返信メールが届かない場合は、メールの受信許可の設定をご確認ください。