治療費用について

治療費用について

一般不妊治療の費用

一般不妊治療は基本的に保険適用の治療となりますが、一部保険適用とはならない自費の項目がございます。
主な検査を載せておりますので、この限りではございません。

保険適用検査※3割負担の場合

検査項目

Aホルモン検査 (FSH/LH/E2/PRL) 2,100
B子宮卵管造影(HSG) 4,500
C経膣エコー 1,600
CG-LH(採尿検査) 350
Dヒューナーテスト 200
E高温期ホルモン検査 1,000
FT(卵管鏡下卵管形成術) ※両側実施の場合 290,000

およその自己負担料金:円

自費検査

検査項目

その他スクリーニング検査 22,000
その他AMH(抗ミュラー管ホルモン)検査 6,000
人工授精 20,000
精液検査 5,000

円(税別)

注意事項

  • この他に、診察料(自費・保険分)が発生します。
  • 原則、同日に保険と自費の診察は行っておりません。

高度生殖補助医療の費用

体外受精

採卵料(1~4回目) 150,000
採卵料(5回目以降) 50,000
卵子・精子調整媒精料 50,000
初期培養料(採卵後1~3日目) 50,000
胚盤胞培養料(採卵後4~6日目) 20,000
胚移植料 60,000
採卵準備料(採卵当日中止の場合) 30,000
採卵時静脈麻酔料 20,000

円(税別)

特殊技術料 (体外受精の費用に別途追加)

顕微授精(ICSI)技術料 顕微授精を行えた卵子数
1~9個
50,000
10個以上 70,000
レスキュー顕微授精技術料 1~9個 70,000
10個以上 90,000
透明帯開口法(アシステッドハッチング)技術料 20,000
受精卵凍結保存技術料(1年間の保険料含む) 1~4個まで(一律) 50,000
5個以上~
(上記に加えて追加1個当たり)
6,000
精子凍結保存技術料(1年間の保存料含む) 20,000
凍結保存感染症加算(1年以上検査未実施の場合も含む) 20,000

円(税別)

凍結受精卵・未受精卵子―胚移植

凍結受精卵・未受精卵子融解技術料 40,000
胚移植料 60,000
凍結受精卵・未受精卵子融解準備料(融解当日中止の場合) 20,000
透明帯開口法(アシステッドハッチング)技術料 20,000
透明帯完全除去法(Zona free)技術料 30,000
ヒアルロン酸胚移植用培養液料 5,000
ヒアルロン酸胚移植用培養液キャンセル料 1,000
SEET法 20,000
2段階胚移植追加料 30,000
精子調整・培養料(未受精卵子融解の場合) 100,000
受精卵再凍結保存料 30,000

円(税別)

凍結保存延長(保存期間は最長3年間までとなります)

受精卵・精子・卵子凍結保存延長料(1年につき) 40,000

円(税別)

男性外来手術

経皮的精巣内精子吸引術 100,000
精巣内精子採取料(TESE) 200,000
顕微鏡下精巣内精子採取料(MD-TESE) 400,000

円(税別)

注意事項

  • 当院にて体外受精を行い、出産された方の採卵・培養料は初回からの料金となります。
  • 採卵個数、胚盤胞培養による追加料金はありません。
  • 診察内容によって、料金の変動がございますのでご了承ください。
  • 上記料金には別途消費税がかかりますのでご了承ください。