患者さまの声

スタッフブログ

皆さんこんにちは、看護部です。6月といえば、梅雨入りですね。雨降りジメジメで憂鬱ですが、紫陽花の上の小さな雫がキラキラして綺麗だったり、カタツムリがイキイキした姿を見るのが嬉しかったり、いいこともたくさんありますよね。

また、6月の季語には「葵」「青梅」「紫陽花」「雨蛙」「瓜の花」「桜桃」「蛙」「かたつむり」「黴(カビ)」「五月雨」「紫蘇」「枇杷」「水無月」などがあります。イメージするだけで、古き良き日本の風情を感じられますね。梅雨の季節もなかなか良いものですね。それでは、そろそろ本題に入りたいと思います。

今回は「プレコンセプションケア(preconception care)」ついて話したいと思います。あまり聞き慣れない言葉だと思います。これは、将来の妊娠を考えながら、女性やカップルが自分たちの生活や健康に向き合うことをいいます。「プレコンセプションケア」によって、女性やカップルが「より健康になること」、「元気な赤ちゃんを授かるチャンスを増やすこと」、さらには「女性や将来の家族がより健康な生活を送れること」を目指すものです。

具体的には、プレコンセプションケアにおいて、葉酸が注目されています。妊娠する1か月前~妊娠12週まで、適切な量の葉酸を摂取することで、産まれてくる子供の神経管閉鎖障害になる確率を減少させることができます。妊活において、葉酸の重要性は皆さんも聞いたことがあると思います。

また、妊娠中に葉酸が不足すると、神経管閉鎖障害のリスクが増えるだけでなく、その子供が50歳以上の成人期になったときの肥満や糖尿病、心疾患のリスクも増大すると言われています。自分の栄養管理が、次世代の健康にまで影響すると思うと、きちんとした栄養管理の大切さが身にしみますね。

興味深いデータもあるのですが、日本人は、遺伝子上、葉酸を体内で上手く代謝できない体質の方が多いそうです。また、食の欧米化が進む現代社会において、食事だけでは十分な量の葉酸を補えない可能性もあります。葉酸不足を感じる方は、サプリメントも活用するのも一つの方法かなと思います。食事に含まれる葉酸よりもサプリに含まれる葉酸の方が、吸収率が良く確実に適正量を摂取できます。

当院では、「プラリエ」や「エレビット」という、葉酸等を含有したサプリメントを販売していますので、ご興味のある方はスタッフにお声かけください。

梅雨があけると、本格的な夏に突入しますが、夏に向けて無理なダイエットはほどほどにして、将来の家族のためにしっかり栄養を摂って、元気に過ごしましょう。
看護部
6+