新型コロナウィルス感染症に対する日本生殖医学会からの声明に対して

お知らせ

4/1に日本生殖医学会より、新型コロナウイルス感染症が妊娠初期の胎児に及ぼす影響は明らかになっていないこと、妊婦において重症化の可能性が指摘されていること、感染時に使用される治療薬として妊婦に禁忌の薬剤による治療が施行されていることが懸念されています。よって、国内での急速な感染拡大の危険性がなくなるまで、あるいは妊娠時に使用できる予防薬や治療薬が開発されるまで、不妊治療の延期を患者様に選択肢として提示するよう声明が出されました。

これに対して当院では、感染防止対策や患者様の健康状態を確認させて頂いてたうえで、通常通り不妊治療を行わせていただきますが、胚移植、人工授精などの治療に関しまして、ご不安な場合や中止をご希望される患者様は、延期を考慮していただきたいと思います。(既に移植日を決定されており、中止をご希望の方は、所定の方法にてご連絡をお願いします)
また、現在採卵を予定している患者様は、受精卵はいったん凍結保存を推奨いたします。

今後の状況により、方針の変更等の可能性もございますので、随時ホームページ等でご確認いただきたいと思います。
0