患者さまの声

スタッフブログ

通勤通学時間帯の地震発生のニュース。とても驚きました。
まだ余震が続いているようです。
周辺にお住まいの方、引続きくれぐれもご注意ください。

各地で度々地震が発生するたび、東日本大震災の当時を思い出します。
当時、当院は移転前。前身の「吉田レディースクリニック」として、
仙台と名取のちょうど中間あたりに位置していました。

クリニックのすぐそばには雄大な名取川が流れていますが、
津波が発生した当時は大変な恐怖でした。

当時から勤務していたスタッフの話によると、
余震が続く中、培養中の受精卵をとにかく凍結し続けたことを
今でも鮮明に覚えているそうです。


地震が起こらないことに越したことはありませんが、
万が一に備え培養室では地震対策をとっています。
今回は、その一部をご紹介しますね!


まず、培養室の機械類は固定が基本!
ロックがかかっていて動きません。


卵や精子の操作を行うクリーンベンチは、壁と固定
施工してくださった業者様の賜物です!

こちらは受精卵などを保存管理している凍結タンク。
この凍結タンク、液体窒素がたっぷり入っていてかなりの重量なんです。
震災当時も転倒しておらず、柔軟に対応できるようあえて可動式に。

災害により供給が不足することを考慮し
液体窒素は常に十二分に補充・保管しています。

電気は停電しても自家発電により電源が取れる非常電源を完備。


また当院では、激甚災害に備え避難訓練も強化し、
患者様やお預かりしている受精卵・精子を守れるよう努めています。

いつ起こるか分からない災害。
普段からの対策がいかに重要か、今一度感じさせられる日々です。


培養室 戸内


0