Topics

お知らせ

治療費用について

一般不妊治療の費用

一般不妊治療は基本的に保険適用の治療となりますが、一部保険適用とはならない自費の項目がございます。
主な検査を載せておりますので、この限りではございません。

保険適用検査※3割負担の場合

検査項目

Aホルモン検査 (FSH/LH/E2/PRL) 2,100
B子宮卵管造影(HSG) 4,500
C経膣エコー 1,600
CG-LH(採尿検査) 350
Dヒューナーテスト 200
E高温期ホルモン検査 1,000
FT(卵管鏡下卵管形成術) ※両側実施の場合 290,000

およその自己負担料金:円

自費検査

検査項目

その他スクリーニング検査 22,000
その他AMH(抗ミュラー管ホルモン)検査 6,000
人工授精 20,000
精液検査 4,000

円(税別)

注意事項

  • この他に、診察料(自費・保険分)が発生します。
  • 原則、同日に保険と自費の診察は行っておりません。

高度生殖補助医療の費用

体外受精

採卵料(1~4回目) 150,000
採卵料(5回目以降) 50,000
培養料 100,000
胚移植料 60,000

円(税別)

未成熟卵体外成熟-体外受精法(IVM)

採卵・培養料 150,000

円(税別)

特殊技術料 (体外受精の費用に別途追加)

顕微授精(ICSI)技術料 顕微授精を行えた卵子数
1~9個
50,000
10個以上 70,000
透明帯開口法(アシステッドハッチング)技術料 20,000
受精卵凍結保存技術料(1年間の保険料含む) 1~4個まで(一律) 50,000
5個以上~
(上記に加えて追加1個当たり)
6,000
精子凍結保存技術料(1年間の保存料含む) 20,000

円(税別)

凍結受精卵・卵子―胚移植

凍結受精卵・卵子融解技術料 40,000
胚移植料 60,000
透明帯開口法(アシステッドハッチング)技術料 20,000
透明帯完全除去法(Zona free)技術料 30,000
SEET法 20,000
2段階胚移植追加料 30,000

円(税別)

凍結保存延長(保存期間は最長3年間までとなります)

受精卵・精子・卵子凍結保存延長料(1年につき) 40,000

円(税別)

男性外来手術

経皮的精巣内精子吸引術 100,000
精巣内精子採取料(TESE) 200,000
顕微鏡下精巣内精子採取料(MD-TESE) 400,000

円(税別)

注意事項

  • 当院にて体外受精を行い、出産された方の採卵・培養料は初回からの料金となります。
  • 採卵個数、胚盤胞培養による追加料金はありません。
  • 診察内容によって、料金の変動がございますのでご了承ください。
  • 上記料金には別途消費税がかかりますのでご了承ください。

高度生殖補助医療

生殖補助医療とは、
Assisted Reproductive Technology : ART 体外受精をはじめとする、
卵子や精子を体外に取り出して行う
不妊治療です。

体外受精ってなに?

女性の卵子と男性の精子を体外へ採り出し、外で出会わせてあげて【受精】、成長させていくことです。
そして順調に成長が進めば、女性の子宮へと受精卵を戻してあげます【移植】
卵子の大きさは約0.1mm、精子の全長は約0.06mmで、肉眼では見ることのできない小さな細胞です。
そのため、体外受精は不妊治療の中では最も高度な技術が必要となります。
当院では日本卵子学会で知識や経験が認定された「生殖補助医療胚培養士」が卵子と精子、受精卵のお世話をさせていただいています。

わたしたち夫婦は、
体外受精をしたほうがいいの?

不妊治療には様々な検査や治療方法があります。その中で『自分たちは体外受精をするべきなのかどうか』、医師とよく相談をして治療方針が決定します。当院では以下のようなご夫婦の方々に、体外受精をすすめています。

  • タイミング法や人工授精を何度もチャレンジしたが、結果が得られない場合
  • 卵管が詰まっていたり、精子数が少ないなど、体内で受精することが難しいと考えられる場合

体外受精は「特殊な治療」 ではありません

「自分たちが特殊なのではないか…?」
そんな不安をお持ちなのではないでしょうか?
では、実際にどうなのでしょうか。
1978年に世界で初めて体外受精によって女の子が生まれました(ちなみに、彼女は 28歳のときに自然妊娠で健常な男児を出産しています)。
そして現在、2015年の日本産科婦人科学会からの報告によると、2013年には、体外受精の治療は221,975件実施され、その結果生まれてきたお子さんは10,077人にもなります。2013年の統計によると23人に1人が体外受精の治療によって生まれてきたお子さんになるそうです。ですから、体外受精の治療は決して特殊なものではないのです

実際の治療の流れは?

患者さま一人ひとりに合った治療方法を医師と相談しながら進めていきます。そのため個人差はありますが、以下に基本的なスケジュールをご紹介します。

採卵前周期・・・点鼻薬などのお薬が始まる場合もあります。

1日目
生理開始
2日目
3日目
注射①

排卵誘発剤スタート

(飲み薬がスタートする場合もあります)
体外受精では多くの卵子を得るために複数個の卵胞を育てる必要があります。そのため、約7〜10日間のホルモン注射が必要になります。当院では、ご自宅で自分で注射ができるように自己注射の講習会を行っています。

4日目
注射②
5日目
注射③
6日目
注射④
7日目
注射⑤
8日目
注射⑥

診察日

卵胞の発育具合や内膜の厚さをチェックします。状態を見て、注射が追加になる場合もありますが、順調であれば卵子を採る日(採卵日)が決まります。

9日目
注射⑦
10日目
夜に行う注射(または点鼻薬)があります。
11日目
12日目
採卵日
  • 採卵は10分ほどで終わる日帰りの簡単な手術です。
  • この日にご主人様の精子も必要となります。

卵胞(らんぽう)と卵子

普段の超音波の診察で見ている黒くて丸い部分は「卵胞」と言って、卵子ではありません。通常、この卵胞の中に1個の卵子が入っていますが、超音波で中の卵子の存在を確認することは出来ません。そのため、採卵しても卵子が入っていない場合もあります

  • 体外受精と顕微授精 採卵後、取り出した卵子と精子を出会わせてあげます。出会いの方法は2種類あり、どちらの方法を選ぶかは、医師や胚培養士と相談して決めていきます。
  • 体外受精

    精液の状態が良好なご夫婦に対して適応となります。採れた卵子と選抜された運動良好精子を一緒にしてあげることで、精子が自力で卵子の中へと入っていき受精する方法です。

    顕微授精

    精子の数が少なかったり、運動性が悪かったりする場合や、体外受精では受精し難い卵子や精子であった場合に適応となります。卵子1個の中に、顕微鏡下で精子1個を直接注入して受精する方法です。

採卵後
1日目
受精の確認

採卵翌日、受精しているかどうかの確認をします。

正常受精している卵子の中には「前核」と呼ばれる丸いものが2個見えます。
2個の前核はそれぞれ「卵子側」と「精子側」に由来しています。また、採卵した卵子が全て受精するとは限りません。なかには、前核が3個以上見える異常受精や壊れてしまっている卵子(変性卵)もあります。

  • 正常受精卵
  • 異常受精卵
  • 変性卵
採卵後
2日目

写真は受精卵の成長の様子です。

4細胞期

受精卵はとってもデリケート

受精卵は温度や酸素濃度などを体内に近づけた環境に設定した培養器の中でお世話をしています。観察のために何度も外へと取り出すと、ストレスとなってしまい、発育に影響する可能性があります。そのため、毎日観察を行っているわけでは無く、必要最小限の時間のみ、培養器から取り出すようにしています。

採卵後
3日目
胚移植の実施と受精卵の凍結 8細胞期

ご来院いただき、卵巣の状態チェックと移植や凍結の予定を決定します。

  • 受精卵(胚)を子宮内へ戻してあげることを「移植」といいます。
  • 当院では基本、採卵後3日目または5日目に移植または凍結を行っています。
  • 移植できる受精卵は原則1個ですが、治療回数や年齢によっては2個まで移植可能です。
  • 移植しなかった受精卵は凍結保存(Question4へ)することができます。
  • 凍結する受精卵は、成長具合を見て医師と相談をして決めています。

培養3日目までの胚の評価ポイント

  • 良好:胚割球が均等でフラグメンテーションが少ない
  • 割球不均等:胚割球が不均等
  • フラグメーション多数フラグメンテーションが多い

割球が均等でフラグメンテーションが少ないものほど良好胚と言われています。

排卵後
4日目

写真は受精卵の成長の様子です。

排卵後
5・6日目
胚移植の実施と受精卵の凍結

胚の評価ポイント

胚盤胞(左) 拡張胚盤胞(右)

胚盤胞の評価

内細胞塊と栄養外胚葉の細胞の数や密度の濃さによってA・B・Cの順で評価しています。

1週間後
2週間後
妊娠判定日

凍結した受精卵はどうするの?
凍結した受精卵って大丈夫?

受精卵が凍結できれば、次回の治療でその凍結胚を融かして、移植だけを行うことができます。この技術を「凍結融解胚移植」といいます。
採卵する場合と比較して、スケジュールも簡単になり、身体的にも経済的にも負担が軽減されます。
受精卵は冷凍庫で凍っているわけではなく、液体窒素というマイナス200度近い特殊な液体の中で保存されています。
また、凍結技術の飛躍的な進歩により、融かした後の生存率は98~99%と言われています。しかし、凍結した受精卵が弱いと1~2%の確率で、融解後に壊れてしまう場合もあります。

  • 凍結融解胚移植は、ホルモンのお薬を使用して子宮の中をきれいに整え、受精卵が着床しやすい環境になったところで受精卵を子宮へと戻します。
  • ホルモンのお薬は貼り薬や膣坐薬なので、採卵のような毎日の注射はありません。
妊娠のお手伝いをするためにこんな技術があります。
妊娠サポートテクノロジーアシステッド
ハッチング

受精卵が子宮に着床するためには、透明帯と言われる「殻」から脱出してこなければいけません。これを「ハッチング(孵化)」と言います。受精卵の中にはハッチングし難いものもありますが、それを見た目で判断することはできません。そこで、ガラスの細い針で透明帯に切り込みをいれたり、レーザーの熱で透明帯の一部を薄くしてハッチングの手助けをしてあげます。この技術を「アシステッドハッチング」と言います。

 
妊娠サポートテクノロジーzona free
(透明帯完全除去)
胚盤胞に成長した胚の透明帯をすべて取り除いてあげて移植する方法です。アシステッドハッチングを行った胚よりも、妊娠しやすくなるという報告もあります。
妊娠サポートテクノロジー2段階胚移植
卵子と精子は卵管で受精し、子宮内へと運ばれてきます。このとき、受精卵から出される信号により、子宮が受精卵を受け入れる準備をすると考えられています。この考え方から、胚盤胞を移植する2〜3日前に先に分割期胚を移植する方法を、2段階胚移植と言います。
妊娠サポートテクノロジーSEET
凍結胚盤胞移植を行う2〜3日前に培養液を注入する方法です。子宮内の着床環境を整える働きがあり、着床率の上昇が期待できます。

テーマ: 診療のご案内

男性不妊外来

男性不妊外来

子どもが授からないカップルの
2組に1組は男性側の
原因であることが現状です。

不妊症と聞くと、女性にすべての原因があるように思われますが、子どもが授からないカップルの2組に1組は男性側の原因であることが現状です。
実際には、男性側の因子が40%、女性側の因子が50%。お二人ともに因子がある場合が10%と報告されています。また、加齢、食生活の乱れや生活環境の変化、ストレスなど、様々な要因が精子数の減少や精子の運動率の低下を引き起こし、男性不妊は増加傾向にあるようです。
そこで当院では、泌尿器科の不妊専門医と連携し男性不妊外来を行っております。

男性不妊外来診療日[完全予約制]

  • 毎週木曜日 09:00~11:30

担当医田村 公嗣

  • 第3土曜日

担当医小林 秀行

学会出張等で変更となる場合があります。また、あらかじめ必要な検査を受けて頂いてからの診察のご予約となる場合もございますので、診察をご希望の際には直接お電話にてお問い合わせ頂くか、スタッフまでお声がけください。

対応症例
  • 一般男性不妊

  • 無精子症
  • 高度精子減少症/無力症
  • 低ゴナドトロピン性性腺機能低下症
  • 勃起障害
  • 射精障害 など
主な検査項目

精液検査

  • 精液の量
  • 比重
  • 濃度
  • 運動率
  • 奇形率などを検査します。

ホルモン検査

  • 血液中の卵胞刺激ホルモン(FSH)
  • 黄体形成
  • ホルモン(LH)
  • プロラクチン(RPL)
  • テストステロン
  • エストラジオールを測定し、脳の下垂体や精巣の機能について調べます。
手術内容

当院では日帰り手術を行っております。

  • 経皮的精巣内精子吸引術
  • 精巣内精子採取料(TESE)
  • 顕微鏡下精巣内精子採取料(MD-TESE)

テーマ: 診療のご案内

カウンセリング

カウンセリング

その時間が、自分と向き合う
大切な一歩かもしれません。

通院中は治療によって生じる感情やストレスがなかなか解消されず、積み重なり精神的負担が大きくなることもよくあると言われています。家庭やお仕事なども抱えながらの生活はさらにストレスを増大させてしまいます。ストレスとうまく付き合いながら、治療と向き合う気持ちをより良くするにはどのようにしたらいいのか、一緒に考えていきたいと思っております。
また、「誰かに聞いてもらいたい!」「看護師さんと話したい」など、自分の気持ちや悩みを話すことですっきりすることもあります。
時間をゆっくり使ってお話しされたい方は、ぜひ以下のカウンセリングなどをご利用ください。

ナースコンサルテーション

検査や治療について詳しい情報を取り入れて、どうすべきかの選択肢を、患者様の悩みや迷いを聴きながら一緒に考えていきます。当院では、生殖補助医療を十分理解している看護師が皆さまに携わっております。その中でも不妊症看護認定看護師、不妊カウンセラーという資格を有している看護師がナースコンサルテーションを担当させていただきます。

不妊症看護認定看護師

日本看護協会が認定している資格で、認定教育研修を受講し、不妊症についての専門的な病態・検査・治療・心理の知識や熟練した技術を習得した看護師です。

不妊カウンセラー

日本不妊カウンセリング学会が主催している講座を受講し、認定試験の合格により認定を受けることが出来る資格です。不妊治療について学び、不妊患者の心理やカウンセリングの方法を学びます。

実施日
毎週 火・木・金曜日
受付時間
14:00~ 50分程度
実施場所
説明室または1階カウンセリングルーム
料 金
通院中の患者さまは2000円(税別)
通院中以外の患者さまは3,000円(税別)

心理カウンセリング

心理カウンセリング、と聞くとどんなことを話したらいいのか、ためらってしまう方もいらっしゃるかもしれません。何を話して、何を話さないか、どんな風に時間を使うかは患者さまの自由です。 例えば、ずっと泣いて過ごすことや、感情的な自分でいることだって可能です。また、『自分の悩みを自覚できないとき』『何で困っているのか、何を相談したらいいかわからないとき』など、目的がはっきりしていなくても、自分の中に何か変化が欲しいと感じたときには、利用してみるのも一つの方法です。 患者さま自身が問題を解決できるよう、心理士がじっくりと時間をかけてお手伝いしていきますので、それは【誰にも気をつかわず、自分自身とじっくり向き合う時間】といえます。

その他にも

  • 意思決定が必要なとき(選択に迷うとき)・・・今後の治療について、ステップアップ、治療のやめどき
  • 人間関係の悩み・・・夫、友人、親せき、仕事など
  • 自分自身のこと・・・気持ちの浮き沈み、沈んだ気持ちをどうにかしたい
  • 治療に関する悩み・・・うまくいかない、このまま治療をすすめていいんだろうか

など、看護師へのご相談と同じように、気軽に利用していただければと考えています。

実施日
毎週木曜日14:00、15:30
毎週金曜日 9:30、11:00
受付時間
1回50分(短い時間でも構いません)
実施場所
説明室または1階カウンセリングルーム
料 金
初回:500円 2回目以降は2,000円(税別)
当院以外の患者さまは5,000円(税別)

Y’sカフェ

治療中の気持ちのこと…他のみんなはこんなときどうしているの?
そんなお話をする機会がない方、同じく通院されている他の患者さまとお茶を飲みながら、おしゃべりしてみませんか?心理士が一緒に参加し担当させていただきます。詳細はクリニック内で配布しているご案内をご覧下さい。内容や気になること、不明な点は心理士またはスタッフにおたずね下さい。ご参加お待ちしております!

Caféオープンの日は心理カウンセリングはお休みします。

実施日
毎月第3木曜日
受付時間
14:00~16:00
実施人数
8名まで(3名から催行いたします)
料 金
無料
予 約
予約システムからご予約が可能です。
(直接、受付に申し込むことも可能です。)

ドクターズオピニオン

普段の診療時間内に長くお話しできない事や、治療の相談、疑問点、悩み事など、医師とゆっくりお話していただく事ができます。

  • 原則、内診や投薬等の診察は行いません。
  • セカンドオピニオンとは異なります。
実施日
平日の午後 詳しくはお問い合わせください
受付時間
20分程度
実施場所
3階診察室
料 金
通院中の患者さまは2,000円(税別)
通院中以外の患者さまは3,000円(税別)
予 約
完全予約制です。

こうのとりチェック

女性も男性も、それぞれ妊娠する力がどれくらいあるのか、知っておく必要があります。また、未婚で将来的に結婚・お子さまを望まれる方も、こちらの検査をお受けいただくことができます。

女性のための「こうのとりチェック検査要項

対象年齢:36歳11ヵ月まで

(対象年齢以上の方は、セミナー(受診をお考えの方へ)を受講の上、初診予約をお取りください。)

  • 貧血検査
  • 血液型(ABO、Rh)検査
  • B型肝炎検査
  • C型肝炎検査
  • 梅毒検査
  • クラミジア抗体検査
  • HIV(エイズ)抗体検査
  • 風疹抗体検査
  • 麻疹抗体検査
  • 超音波検査
  • 子宮がん検診
  • AMH(卵巣年齢・卵巣予備能)検査
  • 抗精子抗体検査

月経中は避けて ご予約をお取りください

25,000円(税別)

オプション検査

子宮卵管造影検査 8,000円(税別)
ホルモン検査 7,000円(税別)

男性のための「こうのとりチェック検査要項

年齢制限はありません。

  • 貧血検査
  • 血液型(ABO、Rh)検査
  • B型肝炎検査
  • C型肝炎検査
  • 梅毒検査
  • クラミジア抗体検査
  • HIV(エイズ)抗体検査
  • 流行性耳下腺炎(おたふく)抗体検査
  • 風疹抗体検査
  • 精液検査

    2~4日の禁欲期間が必要となります

15,000円(税別)

こうのとりチェックは保険適応外ですが、
症状等により保険に切り替えることがありますので
当日は保険証をご持参下さい。

テーマ: 診療のご案内

診療のご案内

診療のご案内

現在、「なかなか赤ちゃんができない…」と悩んでいるカップルは8組に1組と言われています。
ご夫婦2人で1年間頑張っても妊娠しなければ、検査だけでも受けてみてはどうでしょうか。
また、妊娠には女性の年齢が大きく関係してきます。女性の年齢が35歳を過ぎていれば、早めに受診することをおすすめします。

不妊治療のステップ

この図のように不妊治療にはいくつかの段階があります。 検査結果を見て治療方針が決まっていきます。 項目をクリックするとそれぞれの詳細ページにジャンプします。

一般不妊治療

不妊の原因を検査しながら、
タイミング法や人工授精を行います。

タイミング法は自然の排卵周期で妊娠しなければ、
排卵誘発剤の服用や注射を行っていきます。

どの時期にどんな検査を行うの?

検査内容と実施時期 月経周期28日で表現しています

  1. ホルモン検査(血液検査)/月経5日以内
    LH:黄体化ホルモン,FSH:卵胞刺激ホルモン,エストロゲン:卵胞ホルモン,プロラクチン
  2. 子宮卵管造影検査/月経7~11日頃
    子宮卵管造影検査で卵管の閉塞や狭窄などによる不妊の原因を見つけるための検査
  3. 超音波検査(卵胞、子宮内膜計測)、尿検査(排卵検査:G-LH)
    月経13〜14日頃
  4. フーナーテスト(頸管粘液検査)/月経13〜14日
    性交後の子宮頸管粘液の中にある精子の状態を見る検査
  5. ホルモン検査(プロゲステロン)/月経21日頃
    妊娠への作用が大きい「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の検査

その他私費による検査

  • クラミジア抗原
  • テストステロン
  • CA-125
  • 甲状腺ホルモン
  • AMH
  • 抗精子抗体
  • 血糖
  • ビタミンD

書類ダウンロード

こちらから「どの時期にどんな検査を行うか」の PDFデータがダウンロードできます

卵管の検査ってどういう検査?

子宮卵管造影検査といい、レントゲンの検査で、子宮の入り口から造影剤を注入し、子宮や卵管の状態、卵管の通過性や、卵管采周囲の癒着の程度を知ることが出来ます。

卵管鏡下卵管形成術(FT)とは…

子宮卵管造影検査で卵管の閉塞や狭窄が認められた場合、FTの適応となります。卵管は卵子と精子が出会う大切な場所です。内視鏡(卵管鏡)を内蔵した細い管(カテーテル)を使用し体への負担の少ない治療法で、卵管の通りを良くすることによって妊娠へつなげることができます。 (FTは健康保険が適用される治療です)

人工授精ってどんな治療?

排卵日に合わせて、洗浄・濃縮した元気な運動精子を直接子宮内に入れる方法です。タイミング法のあとのステップアップした治療が人工授精です。ご主人の精子が少ない、また運動率が悪いと診断された方や、頸管粘液の性状などにより精子の子宮への侵入がうまくいかない場合、抗精子抗体が陽性の方などが適応となります。

テーマ: 診療のご案内

統合医療

統合医療

心身のバランスを整えるトータルケア
〝統合医療〟Integrative Medicine

統合医療とは、近代西洋医学を中心とし、その医療のみならず東洋医学・民間療法をはじめとする相補(補完)・代替療法を積極的に取り入れ、 一人ひとりの患者さまに合わせた統合的な治療を行うものです。当院では総合的に患者さまをサポートできるよう、様々な連携を行っています。

鍼 灸

鍼灸の刺激は自律神経系、内分泌系、免疫系等に作用し、自然治癒力を高めます

鍼灸治療の小松先生からのメッセージ

鍼灸治療をご存じでしょうか?あまりなじみ深くないワードかも知れません。もしかしたら、肩こりや腰痛で、あるいは美容鍼灸で受けたことのある方もいるかも知れません。そんな鍼灸治療ですが、近年では婦人科領域、とりわけ不妊治療の分野で注目されており、統合医療の観点からART医療機関と連携して専門的に取り組む鍼灸院も増えてきました。 鍼(はり)は髪の毛ほどの細い鍼を使ってツボを刺激して、自律神経系の状態を整えて血行を改善したり、ホルモンの分泌にも働きかけたりします。

灸(きゅう)は「もぐさ」をツボに載せて燃焼させることで、ごく小さな火傷を作り身体を温めたり免疫系の働きを高めたりします。最近の研究では鍼灸治療を行うと、妊娠率が上がってくれることも分かってきました。妊娠率が上がると一言で言っても様々なメカニズムがあるのですが、採卵数が増えてくれたり、胚移植時の成績が上がってくれたりします。不妊鍼灸治療では採卵周期や移植周期といった、それぞれの治療内容に合わせて最良の鍼灸治療を選択していきます。また、妊娠しやすい身体づくりもしていくことで成績を上げてくれるのだと考えています。不妊症で悩まれているご夫婦に一日も早く赤ちゃんが授かるようにと願いながら、当院も仙台ARTクリニックと連携して不妊鍼灸治療に取り組んでいます。

実施日
毎週 木曜日
受付時間
13:00~17:00
開催場所
統合治療室
施術者
キュアーズ長町 院長小松 範明

女性の為の鍼灸院 キュアーズ長町 〒982-0011 仙台市太白区長町7丁目17-20

TEL 022-725-0230 http://cures-nagamachi.com/art.php

低反応レベルレーザー治療

例反応レベルレーザー治療は、健康な組織に対して組織破壊作用を全くもたない、非常に低い出力のレーザーを利用して、細胞の活性化を図ることを目的に行っています。単独で行うのではなく、他の治療と併用して行うことでその効果が高まるといわれています。

レーザー治療の期待と効果

  • ホルモンのアンバランスが改善される
  • 子宮や卵巣への新しい血管が増殖する
  • 子宮や卵巣の血流が増える
  • 子宮がやわらかくなり成長する
  • 子宮内膜が厚くなり着床しやすくなる
  • 卵管が太くなり卵子が通りやすくなる
  • 未成熟卵が成熟卵になる
  • 採卵数が増える
  • 過剰なアレルギー反応を抑えることで受精卵が子宮に着床しやすくなる
  • 流産しにくくなる
    (日本レーザーリプロダクション学会報告より)
実施日
毎週 月・火・水・木・金曜日
受付時間
月・火曜日は終日、水・木・金曜日は午前
開催場所
レーザー治療室
施術者
医師の指示により、看護師が実施します

ご希望の方は、はじめに医師の問診を受けていただきますのでお申し出ください。

ヨガセラピー

ヨガは身体の緊張状態を緩めたり、また普段使わない筋肉を刺激することで、基礎代謝のアップ、血液やリンパの循環、冷え性・ストレスの解消など、たくさんの良いことをもたらしてくれます。

二木先生からのメッセージ

ヨガセラピストの”ふたきひろえ”です。
妊娠しやすい体作りを目指すヨガレッスン。 骨盤を中心にインナーマッスルにアプローチするヨガで 骨盤の内側の血流をアップを目指します。 また、ご自身の体を丁寧に触って動かして、ご自身の体の個性を知っていただき ご自宅でも日常的に出来るお一人お一人の体に合ったヨガのポーズをご提案いたします。

実施日
第2・4木曜日14:00~15:00
第3土曜日 10:00~11:00
開催場所
ラベンダーホール
講 師
ヨガセラピスト二木 ひろえ http://www.yasumineflavor.com/

ヨガセラピー

  • 1レッスン 500円(税別)
    • 当院で現在治療されている患者様を対象としております。予めご了承ください。

リラティス

冷え性・血行不良や、骨盤の歪み、自律神経の不調改善を目的にした、60分間のクラスです。セルフマッサージ、ピラティス、バレトンを組み合わせた温活で、アンチエイジングも期待できます。

木村先生からのメッセージ

「リラティス」の中では“深い呼吸”をする事を常に心がけてレッスンを進めます。呼吸は自律神経の働きと関係しているため、ホルモン分泌、血圧、体温調整などの働きをコントロールしています。
深い呼吸を行う事で、体の隅々まで酸素をたっぷり送り込み、代謝を高めるとともに、心を落ち着かせ、心身ともに緊張を解きほぐしていきます。

<内容>

前半は体全体のコリをほぐし、骨盤の状態を整えます。
後半にはピラティスやバレトン®で、体の軸となり、内側から体を支える筋肉を目覚めさせていきます。

<Point>

  • 体内に酸素をたっぷり取り込む
  • 心とからだを“ほぐす”
  • 体の軸となる内側の筋肉を目覚めさせる
実施日
毎週月曜日
14:00~15:00
開催場所
ラベンダーホール
講 師
フィットネスインストラクター木村 絵美子

リラティス

  • 1レッスン 500円(税別)
    • 当院で現在治療されている患者様を対象としております。予めご了承ください。

サプリメント当院取扱いサプリメントのご紹介

妊活中の健康な身体づくりためには、規則正しい生活とバランスのとれた食事が基本となります。しかし必要な栄養素を摂取するために多くの食品を食べ続けることはなかなか困難です。サプリメントを活用し、不足しがちな栄養素を補いましょう。

「プラリエ」

妊活中の身体づくりをサポートする
ワンランク上のプラセンタサプリメント

「プレグナ」

男女共に不足しがちな成分を補って
健康な身体づくりをサポート

●オンラインショップでご購入いただけます

掲載商品は当クリニック受付でもご購入いただけます。
ご希望の場合はスタッフまでお声をおかけください。

  • 酸化ストレスの低下
    睡眠リズムの安定
  • 子宮内膜を厚くする
    成長ホルモン分泌
  • 脂肪を燃焼し
    エネルギーを産生
    ミトコンドリアの活性化
  • 卵胞数の増加
    卵の質の改善
  • 大豆に含まれる
    「イソフラボン」の効果
    女性ホルモンの活性化

●当院でご購入いただけます

ご希望の場合はスタッフまでお声をおかけください。