患者さまの声

スタッフブログ

皆さん、こんにちは。医療技術部です。

不妊治療が始まった当初から最近まで、多くの研究者たちが
治療の際に注目してきたのは卵子でした。
しかし最近では、精子側の研究が盛んに行われています。
そこで今回の話題は、先日当院で開始した新しい検査である
「精子の酸化ストレス検査」についてです。


皆さんご存じのとおり、不妊治療をしている男性が誰しも行う検査が
「 精液検査 」ですよね。
多くの施設で実施されており、検査項目は大体、以下の4点。
① 精液の量 ② 精子の数 ③ 精子の運動率 ④ 精子の正常形態率
今まで、この中で最も重要視されてきたのが、精子の「数」「運動率」です。

実はこの考え方・・・・もう 古 い んです。

今や、目で見えるだけの情報だけでは不十分。
「精子の質」に着目した検査が重要視されてきています。
治療をしていると、「卵子の質」という言葉はよく耳にするのではないでしょうか?
精子だって同じなんです!
この「質」を見る検査のひとつが 「酸化ストレス検査」 なのです(o^―^o)


そこで、「酸化ストレス」ってなんぞや?という話。

という感じでしょうか?
それで充分です。 体に良くないんです。
※ 詳細なことを知りたい方はこちらへどうぞ。

活性酸素と酸化ストレス


当院でも女性は、採血による酸化ストレス検査をすでに行っています。
一方、男性側は採血ではなく、精液を用いて検査を行い、精子そのものの酸化ストレス値を見ていきます。

酸化ストレスが高くなる原因は・・・
日常生活に大きく密着している事柄が並んでいますよね。
(書いてる私も目を背けたくなります)


酸化ストレスが高くなると・・・

た い へ ん っっ !!!!!!!!!!

体に良くないことは、精子にも良くないんですね。
これは、今までの検査では絶対に分からなかった、精子の「質」の部分です。



この検査で大事なことは もう一つあります。
それは、 精子数や運動率に問題が無くても、酸化ストレスの値が高いことがある!という点です。

人工授精をしているけど、なかなか結果が出ない。
体外受精をしているけど、なかなか受精卵の発育が進まない。

そんな方には 是非受けてみてほしい検査なのです。



もし、酸化ストレス値が基準値よりも高く出たときには、泌尿器外来の受診をおススメします。
サプリメントや生活習慣改善で値が良くなる場合もありますが、中には診察でしか分からないこともありますから。

今回は、いつもの医療技術部執筆者とは別人物がお届けいたしました。

+3