患者さまの声

スタッフブログ

テーマ:

ART生涯研修

こんにちは
医療技術部の馬場です。

3/4、3/5 に東京で開催されたART生涯研修に参加してきました。

3/4 のART生涯研修は、実技的な講習会で、こちらには講師として当院の医療技術部主任が参加しました。

小さな病院では培養士が少ないことが多く、他の培養士の顕微授精や凍結・融解の技術を見たり、習うことが少ないため、 このような研修会を開催し、みんなで技術向上を目指そうというものになります。

3/5 は講演会でした。理事長先生が会長を務め、当院では、医療技術部の菊地主任、看護師の大村副主任、培養士の馬場が参加しました。英語での講演もあり、同時通訳してくれるものの、両方の声が聞こえてきてどちらを聞けばいいのだろう状態…。ですが勉強になりました。

今回の講演で、世界のART動向についてのお話がありました。
当院のIVFセミナーを受けた方はもうお分かりかもしれませんが、 世界で一番ARTを行っている国がどこかご存じですか?

人口が多い中国?アメリカ?
経済的な支援が整備されているヨーロッパ??

…正解は、『 日本 』なんですよね。

2014年までにARTで誕生した子供は、なんと431,626人!
20人に1人はARTで誕生したお子さんになります。

えっ!アメリカじゃないの?と驚く方もいるかも知れません。
理由は、アメリカは治療費が高額

そのため治療を行う方って日本に比べると少ないのです。

もう一つの理由は、日本は晩婚化の影響などでARTに進む方が他の国よりも多いためです。 なので、一番治療を行っている国は『日本』なのです。

国ごとに倫理観や、宗教など、異なることもありますが、
新しい技術や、より妊娠率を高くできるような技術はお互いに取り入れていきたいですね。

0