患者さまの声

スタッフブログ

皆さんこんにちは。

変わりないですか?元気に過ごしてますか?

新型コロナウイルスの猛威は落ち着く気配がなく、自由に旅行に行ったり、帰省したり、友人と食事に行ったり…今までは当たり前に出来ていたことが、当たり前でなくなっています。
外出していても、どこか不安感があったり、周りに気を遣ったりとジワジワとストレスが溜まりますよね。
新型コロナウイルス流行下での妊活も不安だと思います。
また、今までのストレス発散方法が出来ず、心が疲れてしまうこともありますよね。
最近、マスクをしているせいか、皆さんが以前より元気がないように感じることがあります。
看護師として、少しでも悩みの種や疑問を解決してあげたいなと思っています。

「コロナ流行してる中での移植が不安です。」
「友達や妹の妊娠報告に胸がザワザワして辛いです。」
「なかなか結果が出ず、焦ります。」
「初めての採卵で不安いっぱいです。」等さまざまな思いを聞く場面があり、その都度傾聴したり、気持ちの整理のお手伝いをさせていただいたり対応させていただいてますが、もっと出来ることはないかと日々考えています。
思いを吐き出し、誰かに分かってもらえたという感覚だけでも気持ちは楽になります。
それでも、一人でいる時などは、マイナスの感情は出て来る時があると思います。
そんな時、皆さんが少しでも気持ちが楽になる方法がないかと考えて自宅の本棚を見ていると…足つぼの本を見つけました。

「Matty式足ツボ10分解毒マッサージ」という本です。

その中から皆さんに役立ちそうなものを紹介させていただきます。

まず、足ツボの効果を確実なものにする為に守って欲しいことがあるそうです。

市販の棒は使わず、必ず自分の手で押す。
自分の体調がベストな状態でない時、人の足ツボは押さないようにする。
食後30分は避ける。
クリームやオイルを使う。
足ツボの後は白湯200cc飲む。
との事です。
症状別に沢山のツボがあるのですが、その中で今回は気持ちが落ち込んだ時試して欲しいツボをご紹介します。
このツボは、毎日押してはいけません。
限界ギリギリかも…という場面で効果を発します。

手は「フー」の形。

親指の腹を使って、押したり、押し滑らせたりします。幅広いツボを押す時や老廃物を流し出す時に重宝します。

必ず小指からスタートさせ、薬指、中指、人差し指、親指へと順番にマッサージします。

次第に脳が正常に働き始め、神経を鎮めてくれ前向きな気持ちになるそうです。
自分の1番の味方は自分自身だと思います。
元気に楽しく前向きにお互い過ごせたらいいですね。
また役に立ちそうなツボについてブログに載せたいと思います。

長々と読んでいただきありがとうございました。

看護師 田中
+8