患者さまの声

スタッフブログ

こんにちは。新人培養士の佐々木です。

前々回から、ラボコラムとして「体外受精のはなし」の連載がスタートしました。
まだご覧になっていない方は是非!
→受精障害ってなあに ~その1~ ~その2~

そんな中、私は蔵王キツネ村に行ってきたので、思い出話を一つ。
文才がないのはご容赦ください。


仙台に住み始めてまだ半年という事と普段外出することが少ない事が相まって宮城に限らず全国の有名観光名所や有名なお土産すら知っているのかあやしい私ですが、大学生の頃から行きたいと思いを馳せていたキツネ村に先日連休をいただき行ってみました!


キツネ村はゴリラが自称守護神を名乗り入口で見張っています。


皆さん、キツネ村の醍醐味はご存知でしょうか?
キツネ村ではキツネに触れます(税込600円)!

ただし、人慣れさせたキツネに触れるだけで園内に放し飼いになっているキツネには触れません(受付でしっかり注意されます)。

そして行ってみて初めて知ったのですがふれあい体験の明確な時間は決まっていません!突然園内アナウンスが流れいきなり始まります。

開催してもキツネが飽きて嫌がるようになると鳴き暴れるため強制的に締め切られ、触れるかどうかは運次第です。

こんな感じに用意されたジャンパーを着てキツネを抱っこできます!前後ろ逆に着るように説明をされます。

ふれあい体験終盤、キツネも飽きてきた頃でなんだか嫌そうな顔をしていますね…。
それとも私が嫌われているのでしょうか…(笑)
キツネは夜行性なので大体のキツネが園内で寝ています。休みの日の私のように自堕落ですね。

餌やり体験の時間は少しだけ元気になり、ジャーキー争奪戦が勃発します。

もちろん有料です。体験できるもの全て遊びつくすだけで焼肉食べ放題に行けるくらいかかるので私はケチってしまいましたがキツネと触れ合うことのできる施設は珍しいので行ったことのない方は、是非ルールを守りながら遊びつくしてくださいね!!!




培養士 佐々木
0