患者さまの声

スタッフブログ


こんにちは、胚培養士 岸田です。

突然ですが、
皆さんは自宅で採精した精液を
クリニックまでどのように持ってきていますか?


バッグの中でしょうか?
それとも服のポケット?

病院に到着したあと、精液カップを触ってみてください。
ひんやり冷たかったら要注意です。
もしかしたら、精子が弱っているかもしれません。

------------------------------

去年の冬、
人工授精をされた患者さんの中で、
精子に元気のない患者さんが何人か見受けられました。

気になって調べてみると、
皆さんに共通しているのは、

精液を「自宅から当院まで持参して提出」していること。

もしかすると、
自宅からの持参中に冬の外気で精液が冷やされ、
精子が弱まったのでは・・・?


そこで、これまでの当院での検査データをもとに
夏と冬、それぞれ持参した精液の検査結果を比較してみました。

その結果、
精液中の精子の数(精子濃度)は
夏と冬でほぼ同じ数であるのに対し、
動いている精子の割合(精子運動率)
夏に比べ冬の方が20%ほど少ない結果でした。

さらに、
人工授精に用いるために精子を洗浄しますが
その洗浄をした後の元気な精子の数
夏に比べて約半分に減少していました。

元気な精子の数が減れば、
当然卵子の周りにたどり着く精子の数が減ります。
その分、受精や妊娠のチャンスが減るということです。

体外受精で調べてみると、こちらの受精率はほぼ同じ成績でした。

しかし、

受精卵が良質な状態に成長する確率(良好胚盤胞発生率)
冬は夏よりも約30%減少していました。

------------------------------

私は当院に勤務する以前、
青森県の不妊治療クリニックに勤めていました。

ご存知の通り、
青森は仙台よりもはるかに極寒です。
当時も夏と冬の精液検査の結果を比較したことがありましたが
その時の比較では、夏と冬の成績に差はありませんでした。



それでは今回の成績の違いは何でしょう?



考えるに、“自宅からの移動手段”の違いではないでしょうか。

青森は車社会です。
移動中は常に、温かい車中で保温されていたのでしょう。

一方で
移動手段の多くに公共交通機関を利用する仙台では、
徒歩での移動や屋外での待ち時間によって
精液が冷やされてしまった
と考えられます。


------------------------------

そこで、持参中の保温方法についても検討しました。

タオル、アルミホイル、お弁当を入れるような保温バッグなど
ほとんど効果がないことが分かりました。
(他にも保温出来そうなもので試行錯誤したものの 温度を保てるものはなく…)


実験した中で一番保温性に優れていたのは、
魔法瓶型のスープジャー。

精液カップをスープジャーに入れて
5℃の冷蔵庫に1時間保管する実験を行いました。
精液の温度は下がらず、運動率の低下も見られませんでした。


また道具を使用せず保温する方法もあります。

着ている衣類に挟んで(胸元や腹部)30分
冬の仙台を闊歩。
こちらも実験し、人肌の温度を保てています。

衣類に挟むと、ずれ落ちてきそうだと
実験中スタッフがカップポシェットなるものを作成しました。

首から下げるのでずれ落ちる心配がありません。

持参にて精液提出される場合は、ぜひお試しください。
(当院では今後、保温コンテナの取り扱いを検討しております)


2+