患者さまの声

スタッフブログ

胚培養士の菊地です。
4月に入り、桜も咲き始め、だいぶ暖かい日が続いてきました。
一方で、今年に入って早3ヶ月、、、
今年こそは!と目標を立てたけれど、何もせず過ぎてしまったという方も、
「新年度」きっかけにこれから始めてみませんか?


私からは「メンズヨガ」をお勧めします。
かれこれ水泳を続け筋肉はある程度あった方でしたが、
腰を悪くしてしまったのをきっかけに、
柔軟性をつけようと始めたのがきっかけでした。

ヨガは「女性がするもの」「身体が柔らかい人がやるもの」と思う方がほとんどだと思います。
実際に、仙台でも女性のみのスタジオが多く、(私もそうでしたが)周りの方が嫌がるのではないかと気が引け、そこで断念する方も多いと思います。

でも、ヨガは「自分との向き合い」とよく言われることもあり、
様々なポーズを取る中で、丹田(下腹部)に意識を向けたり、
骨盤の位置や肩甲骨を動かしたり、肋骨をしまったり、
それに加えて呼吸も意識しなければならず、
集中して他の方を見る余裕はありません(笑)
それに、イチロー選手や長友選手、錦織選手も行っていますし!

私も最初は何が何だか分からず不完全燃焼でしたが、
回数を重ねるにつれてどこを意識すれば良いのか何となく感じ取れるようになり、
適度な疲労感と爽快感が得られるようになりました。

また、カラダを動かしたい方にはピラティスもオススメです。
大して動いていないように見えてもけっこうキツく、よく筋肉痛になりますが、、、
姿勢を支える筋肉を鍛えることができ、リハビリのメニューとして生まれたこともあって、腰などに負担の少ない方法です。

「接骨院でマッサージや鍼」をしても、翌日には元通りという方も多いと思います。
「姿勢を正そうと背筋を意識して伸ばして」みても、続く方はほとんどいないと思います。
結局は、長年の姿勢のズレはそう簡単に直るわけではなく、
「自ら修正」していく必要があります。
ヨガやピラティスの柔軟性や身体を支える筋肉がつくことによって、
徐々に姿勢が維持できるようになり、基礎代謝アップも期待できます。

まずは、ぜひご夫婦で通われてみてはいかがでしょうか?
そして、当院でもメンズヨガの要望が出てくると良いなぁと思います。

ヨガを通して、心も身体もストレスから解放され、
軸がぶれない人間になりたいなと思う今日この頃です。
0