スタッフブログ

スタッフブログ

テーマ:

4階総合受付

皆さんこんにちは。  少しずつ蒸し暑くなってきて、マスクをするのも嫌になってきますよね? でも、当院に通院している方々は、きちんとマスク着用して下さり、有難うございます。 手作りマスクの方が多く、素敵で、ついつい目がいってしまいます。 ヒンヤリ素材や、麻の素材。そして涼しげな模様だったりと工夫をされているんだなぁ。と関心してしまいます。 当院では、飛沫防止のためにアクリル板を設置しました...続きを読む>>

2+

皆さんこんにちは、看護師の田中です。 仙台も梅雨入りしました。天気予報によると、梅雨入りしても猛暑が続くようで身体にとっては負担な気候ですね。お互い体調管理には気を付けましょうね。 私は梅雨入りする前に、冬用布団やカバーを洗いまくりました。 4回も洗濯機を回しました(笑) 先日、山形のだしを作りました。 各家庭で材料や味付けが違いますが、我が家のレシピを紹介したいと思います。...続きを読む>>

5+

こんにちは医療技術部です。 さて、染色体の第二弾(になると思わなかった辛い)始めます。 ↓復習(第一弾)はこちらから↓ 染色体ってなんだ?① 染色体は本数で表すと前回書いたので、染色体の本数の話を詳しく書きます。 数字が振ってありますが、数字が本数ではありません。……騙されました? 染色体はXみたいな形になっていますが、左の>と右の<で1本ずつあります。 Xで2本です。 と...続きを読む>>

3+

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。 6月に入り、ようやく少しずつ周囲が動き始めてきたところでしょうか。 この数ヵ月はかなり制限された生活を送ってきたかと思いますが、全国的に緊急事態宣言が解除されたこともあり、人々に少し安堵の色が見え始めたのかもしれないですね。宮城県では新たな感染者なしが続いており、それは良いことでもありながら、油断しないように感染症を広めないことを意識して生活していけたらと...続きを読む>>

2+

皆様こんにちは! 6月に入り気温も上がり、一気に夏らしくなってきましたね! 今週は30℃近くになる日もあるようですので、急な暑さによる熱中症に気を付けたいですね☀ さて、“stay home”が警鐘されたこの数か月、 皆さんはどのような工夫をしてお過ごしでしたでしょうか。 当院では感染症防止対策の一環で、ロビーの雑誌等を 一時撤去させていただいており、患者様にはご不便お...続きを読む>>

2+

テーマ:

染色体ってなんだ?

こんにちは。医療技術部です。 今までいろんな人がいろいろ書いていましたが、ブログ担当者が決まりました。 日本語が不自由なのに(日本人です)HTMLが苦手なので、UPを後輩に押し付けて文章担当になりました。 パワハラではない(と願うばかり)です。 さて、本題です。唐突に染色体の話をしようかなと思います。 ところで染色体って、ご存知ですか? 遺伝がどうのこうのとか、XYとか男女...続きを読む>>

3+

皆さん、こんにちは!看護部です。 暑い日が続いたと思ったら、気温が下がり肌寒くなり…寒いと思っていたら、また気温が上がりと…この時期は何かと不安的ですね。 やはり梅雨があけるまでは油断禁物ですね。 コタツを片付けてしまった事を後悔する今日この頃です。 それでは、本題に入りたいと思います。 今回は、慢性子宮内膜炎検査(CD138慢性子宮内膜炎検査)についてお話していきます。 ...続きを読む>>

3+

皆様こんにちは。ゴールデンウイークはいかがお過ごしでしたか?新型コロナウイルス終息までには、まだ時間がかかりそうですね…。 今回は、不妊治療にも関わる感染症と予防策についてお話してみたいと思います。 感染症は、病原体(細菌・ウイルス・真菌・寄生虫など)が体に侵入して症状が出る病気ですが、ウイルス性胃腸炎や呼吸器感染症、性感染症(STD)など、様々なものがあります。 性感染症は、性的接触に...続きを読む>>

11+

こんにちは、看護部です。 4月は、心機一転、新たな気持ちでスタートというイメージですが、今年はそうは言っていられない状況ですね。 新型コロナウイルスが猛威をふるい、世界的に危機的状況と言えます。 日本でも、感染者が増加しており、不安感・危機感が高まっています。 そういう中で、「お湯を飲むと良い」「トイレットペーパーがなくなる」といったデマが拡散したり、食材や日用品の買い占めが起こったり...続きを読む>>

10+

こんにちは、臨床検査技師の國府田です。早いものでもう4月!新年度が始まりましたね。新年度になると住民健診の申し込みが始まりますが、みなさんは住民健診を受けていらっしゃいますか?今回は住民健診の「子宮頚がん検診」についてお話させていただきます。子宮がんは、子宮頸部にできる「子宮頸がん」と子宮体部にできる「子宮体がん」に分類されます。子宮頸がんは、30~40歳代で多く診断されていますが、近年20歳代で...続きを読む>>

4+