ブログカテゴリー: 看護部より

皆さんこんにちは、看護部です。

最近は、日が暮れるのが早くなり秋の気配も少しずつ感じるようになりました。
気温が低下し、肌寒くなる日も増えてきましたので、暖かくしてお過ごしくださいね。

さて、長引く新型コロナウィルスの影響から、生活が一変して、体調不良を訴える方が増加したとニュースで知りました。
また、通院中の患者様からもストレスが溜まるという訴えを聞かせていただく事もあります。
そこで、今回のブログでは、ストレス発散の方法を紹介します。

よく知られているストレス解消法と言えば、「森林浴」が挙げられます。
ストレス解消はもちろん、血圧の低下や免疫細胞の向上などの成果が報告されています。
木々に囲まれた場所ならどこでも良いです。3密を避けながらの山登りやキャンプ、木々が多い公園の散歩など気持ちが良さそうですね。
森林浴にプラスして、「日光を浴びる」ことがポイントです。
室内で働くデスクワーカーの9割は日中に満足な量の日光を浴びておらず、ビタミンDが慢性的に足りません。
ビタミンDは日光を浴びることで、皮膚で生成されます。不妊治療分野でも注目されている成分です。
免疫システムを健やかに保ったり、細胞の増殖を促したり、脳神経の発達にも関わってメンタルの不調を防いだりと、重要な役割を果しています。
一日に最低でも6~20分は全身に太陽を浴びるようにしてください。
外出が難しい時などは、ビタミンDのサプリがおすすめです。

また、なかなか森林浴が難しい場合は、「観葉植物」を取り入れるのが良いです。近年、観葉植物の効果を示す論文も増えています。
例えば、ノルウェー大学が行った実験では、385人のオフィスワーカーを対象に、仕事場に観葉植物を置いてどのような変化が出るかチェックしました。
結果、観葉植物を見ることで、毎日の疲労感やストレスが軽くなり、さらには頭痛や咳、肌の乾燥といった身体的な問題が改善しました。
ストレスが減ったおかげで、病気にもかかりにくくなるようです。
観葉植物の緑色の波長は、網膜への負担が少なく、視覚疲労の緩和に効果的です。さらに、精神安定状態を示すアルファ波が増大し、リラックス状態となります。

また、風の音、虫の声などの自然界にあふれる「自然音」を聴くだけで、ストレスは大きく減る事がわかっています。
携帯に、自然音のアプリがあるので、良かったら活用してみてください。
それでは、皆様、温かいものでも食べて元気にお過ごしください。

皆さんこんにちは、看護部です。

当院では新型コロナウイルス感染予防対策として様々な取り組みをさせていただいています。
一人一人が感染源にならぬよう自覚を持って生活しています。
ご不便をおかけする事もあるかと思いますが、引き続き、ご協力の程よろしくお願い致します。

今回は、前回に引き続きツボについて紹介します。
8/3の看護部ブログも是非見てみてくださいね。

前回同様「Matty式10分解毒マッサージ」という著書より紹介させていただきます。
効果を確実なものにする為に守って欲しい事項は前回の看護部ブログにも記入しましたが…
市販の棒は使わず、必ず自分の手で押す。
食後30分は避ける。
クリームやオイルを使う。
足ツボの後は白湯200cc飲む。
との事です。

新型コロナウイルスが流行し始めてから、マスクでの対面となりました。
そのせいか、以前に増して、患者様の目元に注目する機会が増えました。
私自身もそうですが、寝不足や疲労は、目の下のクマとなり表れます。
仕事と家庭に不妊治療…努力している患者様のために「目のクマ」に効果的なツボを紹介したいと思います。
目は口ほどに物を言う、とよく言われます。
キラキラな目元で元気に過ごせたら嬉しいですね。

目のクマに対しては「大脳」と「心臓」のツボが良いとの事です。

①大脳

手は「フー」の形。

親指の腹の部分を上から下へ押しすべらせて、マッサージしてください。

②心臓

手は「フー」の形。
心臓のツボは、左足のみにあります。
親指をやや立てるようにして、グリグリ押しましょう。
心臓のポンプの働きが活発になると、効果が早く出ます。


看護部は前回よりツボシリーズでした。また気になることがあれば紹介させていただきます。
まだまだ暑い日が続きますが、皆様、美味しいもの食べて元気いっぱい過ごしましょうね。

看護部より
皆さんこんにちは。

変わりないですか?元気に過ごしてますか?

新型コロナウイルスの猛威は落ち着く気配がなく、自由に旅行に行ったり、帰省したり、友人と食事に行ったり…今までは当たり前に出来ていたことが、当たり前でなくなっています。
外出していても、どこか不安感があったり、周りに気を遣ったりとジワジワとストレスが溜まりますよね。
新型コロナウイルス流行下での妊活も不安だと思います。
また、今までのストレス発散方法が出来ず、心が疲れてしまうこともありますよね。
最近、マスクをしているせいか、皆さんが以前より元気がないように感じることがあります。
看護師として、少しでも悩みの種や疑問を解決してあげたいなと思っています。

「コロナ流行してる中での移植が不安です。」
「友達や妹の妊娠報告に胸がザワザワして辛いです。」
「なかなか結果が出ず、焦ります。」
「初めての採卵で不安いっぱいです。」等さまざまな思いを聞く場面があり、その都度傾聴したり、気持ちの整理のお手伝いをさせていただいたり対応させていただいてますが、もっと出来ることはないかと日々考えています。
思いを吐き出し、誰かに分かってもらえたという感覚だけでも気持ちは楽になります。
それでも、一人でいる時などは、マイナスの感情は出て来る時があると思います。
そんな時、皆さんが少しでも気持ちが楽になる方法がないかと考えて自宅の本棚を見ていると…足つぼの本を見つけました。

「Matty式足ツボ10分解毒マッサージ」という本です。

その中から皆さんに役立ちそうなものを紹介させていただきます。

まず、足ツボの効果を確実なものにする為に守って欲しいことがあるそうです。

市販の棒は使わず、必ず自分の手で押す。
自分の体調がベストな状態でない時、人の足ツボは押さないようにする。
食後30分は避ける。
クリームやオイルを使う。
足ツボの後は白湯200cc飲む。
との事です。
症状別に沢山のツボがあるのですが、その中で今回は気持ちが落ち込んだ時試して欲しいツボをご紹介します。
このツボは、毎日押してはいけません。
限界ギリギリかも…という場面で効果を発します。

手は「フー」の形。

親指の腹を使って、押したり、押し滑らせたりします。幅広いツボを押す時や老廃物を流し出す時に重宝します。

必ず小指からスタートさせ、薬指、中指、人差し指、親指へと順番にマッサージします。

次第に脳が正常に働き始め、神経を鎮めてくれ前向きな気持ちになるそうです。
自分の1番の味方は自分自身だと思います。
元気に楽しく前向きにお互い過ごせたらいいですね。
また役に立ちそうなツボについてブログに載せたいと思います。

長々と読んでいただきありがとうございました。

看護師 田中
皆さんこんにちは、看護師の田中です。

仙台も梅雨入りしました。天気予報によると、梅雨入りしても猛暑が続くようで身体にとっては負担な気候ですね。お互い体調管理には気を付けましょうね。

私は梅雨入りする前に、冬用布団やカバーを洗いまくりました。
4回も洗濯機を回しました(笑)

先日、山形のだしを作りました。
各家庭で材料や味付けが違いますが、我が家のレシピを紹介したいと思います。

材料

きゅうり    2本
なす      1本
ミョウガ    3本
玉ねぎ     1/2個
大葉      数枚
オクラ     5本
味まるじゅう  適量
七味唐辛子   適量

野菜の種類と量はお好みでどうぞ~

きゅうり、なす、ミョウガ、玉ねぎ、大葉、オクラはみじん切りにします。なるべく細かい方が美味しいです。
全部みじん切りにしたら大きなボウルに入れて、納豆昆布と七味唐辛子をお好きな量だけ加えて、混ぜ合わせます。

我が家の山形のだしは、納豆昆布がないと始まりません。置いてないスーパーもあるので、静岡の妹は、わざわざ山形から納豆昆布を送ってもらってます。
粘りが出て美味しくなります。

保存容器に詰めたら、味まるじゅう:水=1:1にしたものを野菜が浸るくらいまで入れます。
濃さは、お好みで合わせてくださいね。

味まるじゅうって何?って思った方もいらっしゃると思いますが、山形の醤油です。
芋煮を作るときも味まるじゅうを使います。
ちょっとしたこだわりです。

ちなみに、きゅうりは、ビタミンCを破壊する酵素・アスコビナーゼが含まれていますが、酸がこの働きを抑えます。酢と一緒に摂ることで効率よくビタミンCがとれます。
なんと、納豆昆布には、醸造酢が入っているので、栄養学的にも理にかなっていると言えます。
夏野菜は、「夏バテ防止」「熱中症予防」「利尿作用」「紫外線対策」等様々な効果があります。
また旬の野菜は栄養価も高く必要な栄養素が沢山入っています。

お互い、その時期の旬の食べ物を味方につけて、元気いっぱい過ごしましょう。
皆さん、こんにちは!看護部です。

暑い日が続いたと思ったら、気温が下がり肌寒くなり…寒いと思っていたら、また気温が上がりと…この時期は何かと不安的ですね。
やはり梅雨があけるまでは油断禁物ですね。
コタツを片付けてしまった事を後悔する今日この頃です。

それでは、本題に入りたいと思います。
今回は、慢性子宮内膜炎検査(CD138慢性子宮内膜炎検査)についてお話していきます。

既に検査を受け治療を受けられた方がたくさんいらっしゃるので、知っている方も多いと思います。

慢性子宮内膜炎とは、子宮内膜の基底層の持続する炎症であり、急性子宮内膜炎とは病態が異なり、ほとんどは無症状です。
慢性子宮内膜炎は、着床障害や反復流産の原因となりうると言われています。
炎症症状が慢性的になり、感染が持続することで、免疫活動が活発化、子宮内膜内の免疫異常や脱落膜障害を喚起、受精卵を異物として攻撃してしまう可能性が指摘されています。
原因としては、細菌感染の可能性が挙げられます。子宮内膜基底層に形質細胞(CD138陽性細胞)が複数個存在することが確認できれば、細菌感染により内膜が炎症を起こしていることが分かります。

CD138陽性細胞が複数個確認された場合は、抗生物質で治療していきます。

尚、検査の必要性については、皆さんそれぞれの治療経過や病態等によって異なりますので、医師と相談となります。
何かご質問等があれば、いつでもスタッフにお声かけくださいね。


さて、宮城県では新型コロナウイルスに対する緊急事態宣言が解除され、ついつい気も緩みがちだと思います。
ですが、そんな時だからこそ、一人一人が、自分や周りの人のために気を付けることが大切だと思います。
当院でも引き続き、皆さんとスタッフを感染から守るために、感染予防策を講じていきますので、一緒に頑張って行きましょうね。

看護部より
こんにちは、看護部です。

4月は、心機一転、新たな気持ちでスタートというイメージですが、今年はそうは言っていられない状況ですね。
新型コロナウイルスが猛威をふるい、世界的に危機的状況と言えます。
日本でも、感染者が増加しており、不安感・危機感が高まっています。
そういう中で、「お湯を飲むと良い」「トイレットペーパーがなくなる」といったデマが拡散したり、食材や日用品の買い占めが起こったりと、不安が不安を呼ぶ、負の連鎖が生まれているといえます。
ただ、人間は不安や恐怖といった感情があることで、命を守る行動につながるので、必ずしも負の感情は悪い面だけではないと思います。
現状を乗り切るには、正しい情報を見極め、冷静に着実に対応することが大切だと感じます。

マスク着用
手洗い・うがい
アルコール消毒
三密(密集・密着・密閉)を避ける
ソーシャル・ディスタンス(社会的距離);1.8~2m離れる
手で目や口、鼻等の粘膜に触らない
外出は必要最低限にする


など…お互い自分に出来る最善の方法を実践し、自分と周りの大切な人たちの健康と命を守っていきましょう。
ホームページ「Topics」でもご案内している通り、当院では、大切な患者様とスタッフを守るために、出来る事全て全力で取り組んでいる状況です。
ご不便をおかけすることもあるかと思いますが、ご協力の程宜しくお願いいたします。
皆さんこんにちは!看護部です。

前回は妊活における運動の効果について述べました。
今回は運動を継続する上での心構えに重きを置いて述べたいと思います。

インターネットや本などで、妊活に効果的な運動について目にする機会があり、実際に実行に移したり、参考にしたりしている方も多いかと思います。
継続出来ている方もいれば、三日坊主になっている方もいろいろだと思います。

運動は継続してこそ効果が出やすいです。

いつも頑張っているのに、なかなか継続することが出来ず悩んでいる方は、この機会に考え方を変えてみてはいかがでしょうか。

運動問わず、物事を継続するにはコツがあると言えます。

以前の私は、運動不足解消目的に「毎日ランニング20分する」「腹筋・背筋100回ずつする」「YouTubeを見ながらヨガを毎日する」など、様々なことにチャレンジしましたが、三日坊主がいいところで、一日坊主のことも多々ありました。
継続出来なかったのは、かなり飽き性な性格もあったと思います。
そんな私の今の目標は、前にも触れましたが、「毎日階段を使うようにすること」です。
飽き性の私にしては継続出来ていると思います。
稀に、疲れた時はエレベーターに甘えていますが(笑)

なぜ今回はきちんと継続出来ているのか自分なりに考えてみました。
階段昇降は、日常生活に必然的に関わっていることが大きいと思います。自宅にも職場にも程よい長さの階段があります。
また、程よい長さの階段昇降は、体力的に程よい疲労と心地よさを与えてくれます。
頑張り屋さんは、つい沢山の目標や課題を自分に与えがちですが、それだと途中で挫折しやすいと言えます。
習慣化するまでは、自分にも出来そうな簡単な運動から始めるのが良いと思われます。
自信の体力も踏まえて達成可能な目標を立てることが大切です。

ところで、妊活に適した運動として、ヨガやウォーキング、ストレッチなどが挙げられます。
いずれにしても、

・継続できる。
・程よい疲れ、気持ちよさがある。
・ストレスが解消出来る。
・日常生活に取り入れられる。
・自分でも出来そうな内容。

以上が運動を選択する上で大切だと思います。

「~しなければ」といった義務感も不要です。妊活中はストレスがたまりやすく辛い時期もあるので、どうせやるなら、肩の力を抜いて気楽に楽しくやりましょう。

最後に、11月のブログにて、ルナリズムのパッケージ変更についてご案内しましたが、成分等いろいろと検討した結果、従来通りボトルタイプの採用となりました。
何かありましたら、スタッフまでお声かけください。

それでは、良い一日をお過ごしください。


看護部より                               
皆さん、こんにちは。

まだまだ寒い日が続いておりますが、元気にお過ごしですか?

世間では、新型コロナウイルスが流行し、感染者の人数や病状、マスクの品薄等について連日報道されています。

マスクを着用する事も大切ですが、自分の体力を落とさないようにするのも身を守る上で重要だと思います。
ウイルスに負けないように、お互い身体も心も元気でいましょう。


さて、本日は、運動について、妊活や精神面と絡めながら話していきます。

ところで、皆さんは定期的に運動していますか?

私は、日々運動不足と体力低下を実感しております。
最近は、なるべく階段を使うようにしています。

運動には、「血流改善」「体温上昇」「筋肉量増加」「気分転換」「満足感や達成感を得られる」等といったメリットがあります。

全身に酸素と栄養を届けるのは、血流ですが、優先順位があります。
生命の維持継続に重要な臓器の優先順位が高く、卵巣や子宮への優先順位は低いと言われています。
運動をする事で、筋肉量が増加し、血流が良くなれば、卵巣への栄養を届けやすくし、排卵後の子宮内膜が着床に適した状態へと近づきやすくなります。
そのため、運動による血流改善は妊活中の女性にとって大切と言えます。

妊活中は、辛い治療や周りからのプレッシャー等様々なストレスにさらされ、精神的に不安定になる事もあるかと思います。
運動には、マイナスなエネルギーを発散させる力があると言われています。
運動自体が日常生活への刺激となり、運動に集中する事で一時的にでも嫌な感情から離れられ、気分転換になります。
運動を継続する事で得られる達成感は、自信にもつながり、前向きな気持ちになる事が期待できます。

また、脳血流量が増えることで、心に安らぎを与えるセロトニンという神経伝達物質が増加します。
セロトニンは別名「幸せホルモン」、メンタルヘルスに影響を与えると言われています。
セロトニンが不足するとストレス障害やうつ、睡眠障害の原因となりうることも知られています。
セロトニンが増加することで、精神的に安定しやすくなり、ストレスを軽減させる働きが期待できます。
精神的に辛い時期や、ストレスから体調不良に陥りやすい方にとって運動は効果的と言えます。

普段運動習慣がない方は、この機会に運動を始めてみませんか?

どんな運動なら無理なく継続出来るか、自分なりに考えてみてはいかがでしょう。

本日は、長くなってしまったので、妊活中の効果的な運動について、今後アップしたいと思います。

少しでも身体と心が健康な状態で妊活出来るといいですね。


それでは、暖かくしてお過ごしください。



看護部より
どんと祭も終わってしまいましたが・・・明けましておめでとうございます! 
皆様どんな年末年始をお過ごしでしたか。当院は1週間ほど休診とさせていただいておりました。
本年も、皆様のお役にたてますよう、様々な取り組みを行っていきたいと思っておりますので、本年もよろしくお願いいたします。


『様々な取り組み』の一つは@LINKアプリの充実です。アプリの取得はもうお済みですか?
アプリをダウンロードしていただくと、診療の予約や、当院からのお知らせなどが一目でわかります。そして、診療に役立つコンテンツを充実させるべく只今準備をしております。ぜひご利用ください!


今回は葉酸(ビタミンB12)についてお話しようと思います。

もうご存じの方も多いかと思いますが、当院では妊活中から葉酸をサプリで補うことをお勧めしています。お腹の赤ちゃんの脳や脊髄のもとになる神経管は妊娠6週頃に完成します。赤ちゃんの成長と共に神経管が閉じていき、頭側が脳に、お尻側は脊髄となります。この過程で、神経管がうまく閉じなかったためにおこる病気を神経管閉塞障害と呼び、二分脊椎が主に挙げられます。


原因は、(1)栄養因子(葉酸の不足)(2)環境因子(糖尿病、肥満、てんかん薬、妊娠前期の高熱発作、放射線被ばく、ビタミンAの過剰摂取)(3)遺伝子因子が挙げられます。
妊娠が診断される頃にはすでに神経管が完成する時期です。妊娠前から葉酸をサプリで十分に補えていると発症を70~80%低減できるとの報告があります。


また、最近の研究結果から、日本人は葉酸の取り込みがうまくできない遺伝子多型が多いことが明らかになりました。その遺伝子多型でも葉酸を十分に内服していれば、多型を持たない方と発症リスクは変わらないので日本人は特に葉酸が大事になってきます。


ちなみに、最近の研究結果で認知症にも葉酸が関わっているそうなので、年齢性別に関係なく注目のビタミンですね!


サプリを飲み始めて体に十分になるまで1か月半かかるとの報告もあるので、飲んでいない方はいつ妊娠してもいいように早めに飲み始めてください。
また、市販の葉酸サプリをお飲みの方、含有量の確認をしてくださいね。日本人女性の葉酸の推奨摂取量は、1日あたり妊活中で食事性240㎍+サプリなど400㎍、妊婦の場合は+サプリなど480㎍となっています。水溶性ビタミンなので体で維持することができないビタミンです。葉酸が400㎍以上入っていることを確認して頂くのと、時々ではなく毎日継続的に内服してくださいね。


赤ちゃんを大事に育む第一歩です。ぜひ体の環境作り意識してみてください。

看護部
皆さんこんにちは。
今年も残るところ約2週間となりました。
皆さんにとってどんな1年でしたか?


新天皇が即位し、「平成」が幕を閉じ、「令和」へと時代が移り変わりました。
心機一転、新たな気持ちでスタートを切った方もいれば、これまで通りの日常が続いている方、様々な試練の年であった方…
人それぞれの1年だったと思います。


この1年、治療の結果が思うように出ず、悲しみや不安感、嫉妬、やるせなさ…
言葉では言い表せない様々な感情に押しつぶされそうになりながらも、必死で前に進もうとしてきた方。
出口の見えないトンネルの中にいるような気持の方。
天災や環境の変化で思うように治療が進まずもどかしい思いをしている方。
友人等の妊娠・出産報告に複雑な心境になる方。
などなど…。

不妊治療をしていると気持ちが疲れてしまう事もありますよね。

来年も皆さんの気持ちに寄り添い、少しでも不安や心の痛みを和らげられたらと思います。

何かありましたら、遠慮なく声をかけてくださいね。


最後に、年末年始のご案内です。
ホームページですでに確認している方もいらっしゃると思います。
2019年12月28日午後から2020年1月3日まで休業となります。
他の検査についても期限がありますので、検査をご希望の方は早めの確認をお願いします。

それでは、よいお年をお過ごしください。


看護部より